頼れるms-japanに全てお任せ|新しい仕事に就ける

幅広い知識と経験が必要

PCを持つ人

未経験から応募するコツ

施工管理とは、工事全体を管理する責任者の仕事です。工事現場では多くの人たちと関わりながら、働きやすい環境を作り、的確な指示を出し、事故がなく安全に工事を終えることができるよう管理します。予定通りに工事が進んでいるかの工程管理や、品質面で問題がないかのチェックなども施工管理の仕事に含まれます。現場仕事だけではなく、原価計算や各種報告書の作成などを行うこともあり、仕事をしていくには、知識や経験が必要になります。施工管理の仕事をするにあたって、採用するポイントは企業によって異なります。施工管理の実務経験や資格を持っていると優遇される傾向はありますが、人手不足の職種なので、未経験であっても採用のチャンスはあります。施工管理ではなくても、建築や土木など、応募する業界に関連する知識や経験があるのであればアピールするといいでしょう。施工管理の求人内容では、知識や経験などのスキル以外で求めることとして、コミュニケーション能力の高さや真面目に仕事をする責任感などをあげているケースが多くあります。全くの未経験から応募する場合には、求められる人物像を満たしている人材であることや、施工管理の仕事への意欲などもアピールするのも採用獲得のポイントになるでしょう。多くの人たちと関わる施工管理は、さまざまな立場の人たちを理解して、トラブルがあれば円滑に収めていくという人の管理能力が求められる仕事です。採用にあたって、コミュニケーション能力の高さを重視している企業は多いでしょう。